アフターケアサービス

全ての新築住宅は『住宅品質確保促進法』(以下、品確法)により、10年間保証されます。
優樹工房の自社保証ではこの品確法に基づいた保証内容となります。
定期点検はお引渡し後、3ヶ月、1年、2年、5年、10年と行います。
※シロアリ防除施工の保守点検は保証継続のため5年目まで1年置きに点検致します。

住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を
防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となります。

財団法人 住宅保証機構のホームページ

保険の対象となる基本構造部分

第三者のサポートでさらに安心

  • 優樹工房は(財)住宅保険機構の登録業者です。
    構成中立な第三者機関がこれから建築される住宅を専門の検査院による現場審査や保険の裏付けで、長期にわたる保証をしっかりバックアップ。
  • 登録業者が最長10年間保証します。
    そのために、工事中現場審査に合格した住宅に保証書が発行され、万が一の修補費用を保険でサポートする制度です。
    住宅品質確保促進法にも対応しています。
  • 法律で定められた10年間保証をカバーする「長期保証」のほか、仕上げの剥離や建具の変形などを対象とする最長2年の「短期保証」もある安心の制度です。
  • 万が一、保証期間中に登録事業者が倒産しても、10年間の長期保証(構造体力上主要な部分)について、補修費用から免責金額10万円を除いた額の95%が保険金等としてお客様へ支払われるので安心です。
Scroll to top